読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メソッド屋のブログ

米マイクロソフト DevOps エバンジェリスト 牛尾の日記です。ソフトウェア開発の上手なやり方を追求するのがライフワーク。本ブログは、個人の意見であり、所属会社とは関係がありません。

新技術導入の遅さの一端はラーニングモデルの違いかもしれない

f:id:simplearchitect:20160804204258j:plain

以前から不思議に思っていたことがある。それは、少なくとも米英の人は、ソフトウェア技術やプロセスに対して誤解が圧倒的に少ないということである。

 別の回でも書いたが、イギリスの会社とお話しした時も、「アジャイル」に対するとらえ方、考え方は、100%といっていいほど正確だった。

バリューストリームマッピングで困っている人の話

 今回の出張で、Sam Guckenheimerに依頼されたことがある。ある人が「バリューストリームマッピングをやっているのだが効果が出なくて困っている」だから原因を一緒に探ってほしいとのことだった。

 Samと一緒に彼の話を聞いていると、バリューストリームマッピング、DevOps に関する考え方とらえ方は極めて正確だった。彼の問題は、「コンセプトの理解」は何の問題も無く、その先の「実際にやってみて工夫してみないと到達できない部分」の問題だった。

f:id:simplearchitect:20160804204907j:plain

なぜか米英では、ソフトウェアのコンセプトの誤解が圧倒的に少ない

 幸いなことに彼は相当喜んで帰ってくれたが、ふとホテルに帰って振り返るとこっちの人は、アジャイルやDevOpsといったものに対する誤解が圧倒的に少ないことを思い出した。  そういえば、自分の上司も両方とも元Opsなのに、同僚も、上司も「あー誤解しているなぁー」みたいな場面に遭遇したことがない。

 アジャイルそして、DevOps を実践して、15年以上になるのだが、経験上日本では、それを相当専門にしていない限り「アジャイル」「DevOps」に対する理解はずれている、もしくはむっちゃくちゃずれている場合が圧倒的に多い。それどころか、専門の人でも、かなりのコンセプトを誤解しているケースもある。もちろん私もそうで、少しづつ修正して今に至っているので、今でもなんか勘違いしているかもしれない。これは一体何なのだろうか?

最高の DevOps チームの観察で得たこと

 同じ日に、マイクロソフトの最高の DevOps チームを生で観察してきた。その詳細なレポートは別の回に譲りたいのだが、私が彼らに感じたことは、見たこともないようなすごいテクニックが使われていたわけでもなく、すごい新技術を導入しているわけでもないが、むっちゃくちゃ無駄がないということだ。  しかし、そこで、使われているTipsは一つを除いて今まで見たことがないものなどなかった。私は逆にそこでびっくりした。「今まで自分が知っているはずのプラクティス」をちゃんと使ったらここまでできるのか?と。彼らは、本当にそれらのプラクティスを正確に理解して導入していると感じた。

 私がExtreme Programming の本の写真で見たような光景が目の前で本当に行われている。それはちょうど、むっちゃ歌うまい人 が基本が超絶に凄いのに似ている。

http://ronjeffries.com/xprog/images/C3Room003.jpg

ronjeffries.com

歌のうまい人の基礎力

 歌とか演奏とかが本当にうまい人は、高い声が出るとか、複雑なリズムを乗りこなせるとかそういう話ではない。そもそも、何の変哲もない、だれでも歌える音域の声を「あー」ってだすだけでも、全然違うのだ。ドラマーなら、ドラムをたたかずともスネアを一発「パン」ってたたくだけでそこから全然違う。つまり、達人というものは、ものすごく「基礎」ができている人なのだと思う。

Rochelleさんの生け花の体験

ホテルの中で、考えていると、この前一日ミーティングをした、Rochelle Koppさんの言葉を思い出した。彼女は、日本と西洋のラーニングモデルの違いを説明してくれた。

f:id:simplearchitect:20160804205115j:plain

 彼女がアメリカで生け花を習ったときは、先生は日本人だけど、アメリカに長く住んでいた。彼女は、この花をどうさすと、こういう効果があるからと、説明して実際にやってみてくれた。ところが、Rochelleさんが、日本に来て生け花を学んだら全然違ったらしい。

師匠は、「今回はななめざし」といったっきり、しゃしゃしゃしゃー。と目の前で実演してくれたけどのそのあといきなり「じゃあやってみてください」とのこと。

Rochelleさんは何とかまねてやってみたけど、師匠がやってきて、全部さしなおして修正してくれた。確かに師匠が修正した後のほうが全然いいのだけど、理由は全く分からなかった。翌週も、その翌週も同じ感じだったそうだ。  そして、しばらく通っていると、何となく自分はできるようになっていたが、なぜできるのかは他人には一切説明はできなかったという話だった。

日米のラーニングモデルの違い

 インターナショナルという意味ではまだ分からないが、Rochelleさんによると少なくともアメリカの人は「すべてを理解する」ことに重きを置く。 ところが、日本の人は「具体的なやり方」を知って真似することを好む傾向にある。それはどういうことになるかというと彼女曰く

学ぶのに時間がかかるし、スケールしないのよ。柔道や、生け花みたいな変わらないものだとそれでいいのかもしれないけど、 ビジネスみたいに変わるものには絶対向いてないわね。

 あああ、、、これだ、、、自分の中で彼女のこの言葉を思い出して自分の中で何かがつながった。アメリカ人と、日本人の多くの人はラーニングモデルが決定的に違うんだ。だから、アメリカの人は概念の説明の段階でも質問しまくるし、日本人の人は、概念ではなく具体的なものや事例を求めようとするのだ。

完全理解タイプがスピードを生む

 アメリカの人は、たとえ経験をしていなくても、本を読んだり、講演を聞いたりして、「徹底的に理解する」ことに慣れているから、未知の新しいコンセプトでも導入が進みやすい。  一方日本人は、新しいコンセプトを取り入れるときは「具体的なもの」を見て真似するのが得意だ。ところが、新しいコンセプトであり、それが、自分の置かれている現状と違えば違うほど、具体的に想像できないので、ものすごく勘違いしてしまったり、魔改造してしまったりするのではないだろうか?しかも、学びが実物からなのだから、実物から、学んでいくので、少しづつしか広まらない。だからいろんな導入が遅くなってしまうのかもしれない。 f:id:simplearchitect:20160804210719j:plain

 また、もちろんこれも仮説なのだが、ソフトウェアの場合は、問題をややこしくしているのは、日本でもトップエンジニアは、「理解を重視」している思考をしているのではないか?という部分だ。

 私は昔「オブジェクト脳のつくり方」という書籍を書いてありがたいことにたくさん読んでいただけた。その当時のモチベーションは、既存のオブジェクト指向の書籍が大変分かりにくく感じたからだ。

books.rakuten.co.jp

ラーニングモデルとわかりやすさの違い

 書籍は当然その分野が分かっている人が書くことが多い。そういう人はソフトウェアができる人なので「理解を重視」しているスタイルで学ぶ。 一方、私は、こてこての日本人なので、「やってみなければ理解できない」タイプだった。だから、そういう人が「わかりやすい」書籍を書いた。  理解重視の人にとって「わかりやすい書籍」と体験重視の人にとって「わかりやすい」は全く異なる。そして、きっと日本は「体験重視」の人のほうが多いのだろう。

 昔衝撃を受けたことがあるのだが、日本の「算数」の教科書と、米国の「Math」は相当に違っていてびっくりしたことがある。日本の教科書は定義も一応ちょろっと書いてあるが、「さあ、解いてみよう」ということが中心になっている。「Math」の場合は、徹底的に各用語の意味を定義してあり、そのあとにサンプルが乗っている。私は数学は暗記でカバーしたタイプで苦手だったが、この構成だったら、わかったかも、とびっくりした思い出がある。

日本の算数

http://www.gakujutsu.net/image555.jpg

英語の算数のページ

What is Data?

日本を米国と同じスピードにするために

 つまり、この仮説の部分においては、日本で技術導入がスローである原因の克服には2つの方法がある。1つは、日本人の気質に合わせて、説明の仕方を変えるか、「理解を重視する」考え方を広めていくかだ。  自分的には、短期的には、最初の方法を採用し、同時に、「理解を重視する」考えを広めていくのがいいかなと思っている。おそらく、ソフトウェア産業のプロフェッショナルの場合、「理解を重視する」やり方のほうが圧倒的にあっていると思う。

 しかし、そんなにすぐにモデルチェンジできるわけでもないので、多くの人のラーニングスタイルを考慮して新しいコンセプトを広めていきたいと思う。実際、オブジェクト脳の後に開発した、「オブジェクトゲーム」という手法を使えば、当時理解が難しいといわれたオブジェクト指向を、数時間で、みんなに納得してもらえるようになった。日本人でも工夫したらいけるのだ。

docs.com

日本人でも、「米国以上」のスピードになるチャンスはある

 一点だけ日本人に有利なお話しもしておきたい。日本人の多くは、「体験型」で「見て真似して学ぶ」のが得意だ。実際私も、同僚の誰よりも一度見たものを正確に真似することに関しては抜きんでていると思う。アメリカの人が完全に理解するのが得意なのと同じように、われわれも、見てまねる方法ばっかりやっているので、それは一日の長がある。つまり「本物」を観察したのならば、それを吸収するのは彼らより速いのだ。  だから、冒頭のバリューストリームマッピングの彼にも適切なアドバイスを多く送ることができたのだ。理解だけでカバーできる範囲も限界があるので、「やってみる」領域に関してはかなりの一日の長があるのだ。

f:id:simplearchitect:20160804205828j:plain

 ただ、それだけをするのは、中長期的に見ていい作戦ではない。しっかりと「理解重視」のやり方を身に着けていく方がおすすめだ。私は以前は、体感型だったが、インターナショナルチームに入って、「完全理解派」にモデルチェンジを試みている。道半ばだが、焦らずやれば、できそうな気がしている。だから、今後は、DevOps の導入も、しっかりとこの2つのラーニングモデルの違いを考慮して日本でも米国並みの実践をできるようにいろいろ準備をしていきたいと思う。