読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メソッド屋のブログ

米マイクロソフト DevOps エバンジェリスト 牛尾の日記です。ソフトウェア開発の上手なやり方を追求するのがライフワーク。本ブログは、個人の意見であり、所属会社とは関係がありません。

Agile Retreatの生まれたストーリ

Agile Retreat

Agile RetreatやAlexのブログではイマイチわからなかった、Agile Retreatの誕生秘話を彼にインタビューして聞いてみました。ざっくりとですが、日本語翻訳バージョンを作ったのでここで公開しておきます!Agile Retreatに関しては少しづつ、情報を載せていきたいと思います。


Agile Retreat Story - Alex Rosales



 Agile Retreatのアイデアは、私の心の中にぼんやりとあったものです。私は「学び」についてとても熱心なたちなので、学びを効率化させるための、新しい方法を常に探していました。


 私がベトナムにいた5年間の間、沢山の人々が新しいことを学ぶ事に苦しんでいるのを見てきました。みんな昔なからの学習法を使っているようでした。なぜだろう?もはや古くなったような方法を組み合わせでしかないし、退屈だし、あまり情熱も感じられない。なんでそんな方法を使っているんだろう。


 私はアジャイルやリーンの原則やプラクティスをベトナムで広める事に関わっていたのですが、アジャイルの考え方を導入することに苦労しているようでした。特に、スクラム等の新しいアプローチやフレームワークを実践しようとする時に顕著でした。


 私はそういった様子を観察してこう強く思ったのです。なぜある人にはとても簡単に理解できる事が、他の人にはそんなに難しいんだろう?


 私は沢山の調査をしました。認知心理学メタ認知アクセラレーションなどをラーニングメソッド(例えばケースメソッド(事例研究を中心とした教育方法))等に適用した方法や、人の学習方式の違いや傾向などです。


 そして、それらの方法を組み合わせることによって、どれだけ学びの生産性が向上するかを知ったのです。しかも、それは刺激的で面白い方法なのです!


 そんな事を考えている頃に、私はよくカリブ海やメキシコのリゾートでくつろいでいました。いろんな事を心配しなくていいように、すべてオールインワンのリゾートです。そのような、素晴らしいところに出かけるというアイデアに魅了されていました。なぜなら、そういうところでは学習の際のいろんな心配事に悩まされずにすむからです。


 我々はバケーションをしているときは、普段とは違う心理状態になります。ストレスフリーで普段のプレッシャーから隔離されるのです。それによって、新しいことを学ぶことをとても容易に受け入れる真理状態が訪れます。実際に私はリゾート地での新しい学の効率のよさにいつも驚いています。


 このことが私がオールインワンのリゾート地でアジャイルリトリートを実施する事をお勧めする大きなポイントの一つです。


 こういった経験をしている中で、この二つ(新しい学習スタイルと、リゾート地での学習)を組み合わせたらどうなるだろう?と考えるようになりました。きっとこのコンビネーションはいい相互作用を生んでいい結果を得る事ができるに違いない!


 これが、私がアジャイルリトリートのアイデアへの想いが強くなっていった理由です。私はすぐにこのアイデアを、私の友人であるJoe Justiceに話してみました。彼はWIKISPEED社につとめていて、アジャイル界では有名です。その上彼のモノの見方はいつも面白いからです。


 この時に私が「Scrum Med」と呼んでいたこのアイデアを彼に話してみました。なぜ?「Scrum Med」かというと高級リゾート地の「Club Med」というのがあるからです。なぜ「Scrum」かというと、私はScrumに関してはちょっとしたものだったからです。


 しかし、私はすぐに考えを変えました。このアイデアを限定された内容に限定したくなかったのです。Scrumよりアジャイルの方がより多くのことを対象にすることができます。だから、「アジャイルリトリート」の方が、私がオススメしたかった2つの事を的確に表しているように思いました。


 Joeはアイデアをとても気に入ってくれました。そして、このアイデアが実現したら参加させてくれないかと言ってくれました。これが、アジャイルリトリートが生まれた経緯です。


 そのアイデアが生まれたのが、2012年12月のことで、私はすぐにアジャイルベトナムの同僚に私のアイデアを紹介してみました。
 彼らがもし気に入ってくれたら、一緒にやってほしいなという狙いです。アジャイルベトナムの1人 (Trí Nhân Vu) が返信してきて、彼も似たようなアイデアをもっているので、話さないか?とのことでした。
 

 その週に我々は話をして彼のアイデアを学ぶ事ができました。彼のアイデアは私のとは違いましたが、彼もリゾート地のようなところで、何かをするということを考えていました。そこで我々は、このアイデアを実現するために一緒にやることにしました。


 彼は最初はアジャイルリトリートという名前には熱心じゃなかったのですが、すぐに彼にアジャイルリトリートの持つ意味と意義に同意してもらえました。その後、我々は世界で最初のアジャイルリトリートの計画を立てて、WebサイトやFacebookを作り始めたのです。


↓ Alexが答えてくれた原文です。

The Agile Retreat idea has been there in my subconscious from quite some time now. I am passionate about learning and I am always trying to find better receptive ways of learning more effectively.
During the past 5 years I have been in Vietnam, I have seen a lot of people struggling to learn using traditional methods. Why? Combination of outdated methods, boring techniques, lack of passion, etc. As I am pretty much involved promoting Agile and Lean principles and practices in Vietnam, I have seen the obstacles people encounter when attempting to adopt an Agile philosophy. Furthermore, the challenges and obstacles get bigger as people start to practice different approaches or frameworks such as Scrum. That makes me think deeply about why is so difficult for some people to understand the basics, but seems so easier to others?
I did a lot of research (cognitive psychology, meta-cognitive strategies, acceleration, etc.) into learning methods (case method, etc..) and styles and how each person has different way of learning, different tendencies, styles, etc.., and how productive it can be if we combine all methods while learning in a way that can be stimulating and fun.
Since the days I used to vacation in all-inclusive resorts in the Caribbean and Mexico, I got always attracted to the idea of been somewhere awesome without the need to worry about anything at all. To me, that’s one of the most appealing things when I consider taking an all-inclusive vacation package. While on vacation, my state of mind is in a different mode, stress free, disconnected from pressure in a way that I am more receptive to learn new things. In fact, I always amazed at the things I learn while on vacation.
That makes me think, what if we could combine both things? Others could definitely benefit from this combination and boost their learning skills.
Here is where my idea of the Agile Retreat started growing strongly on me. I first briefly discussed the idea with my friend Joe Justice at WIKISPEED. Joe is a well-known Agilist and I though getting his point of view could be really interesting. So I mentioned to him my idea. At the time, I called “Scrum Med”. Why? Basically because when I think about all-inclusive, I think about “Club Med”, high-end resort all-inclusive vacations. Why Scrum? Well, I was pretty much doing a lot of Scrum and that’s basically why the name came in. However, I quickly started moving away from it because I did not wanted to limit the idea to one specific approach and Agile was much more of a bigger picture, and came up with the Agile Retreat name, perfect combination of two things I wanted to promote. Joe was thrilled about the idea and he told me he would love to participate if I ever pull it off.
The rest is now history – After the idea was born, on December 2012, I sent an email to my colleagues at Agile Vietnam and briefly introduced to them my idea. My objective was to get them onboard if there were interested. One of my colleagues at Agile Vietnam, Trí Nhân Vu replied to my email saying that he had a similar idea and that he wanted to talk to me about it. That week we sat down and I was able to learn about his idea. Although it was different, however he was also thinking about doing something in a resort alike and that make us work together on this. He was not keen on the Agile Retreat name at first, but I quickly managed to convince him about the importance of the name and the meaning behind the Agile Retreat. So we started working together on planning the first Agile Retreat and got my company to work on the online website, facebook and so on.