読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メソッド屋のブログ

米マイクロソフト DevOps エバンジェリスト 牛尾の日記です。ソフトウェア開発の上手なやり方を追求するのがライフワーク。本ブログは、個人の意見であり、所属会社とは関係がありません。

Agile。Alistair Fowler Mc剛様の御声と、a,alの発音

今日は発音の話の前に、ありがたくもアジャイルにおける宗教家、Alistair Fowler Mc剛様のありがたい正しいAgileの発声が届いた。庶民の者ども。この正しい発音をマスターし、Agile2011Japanに備えるのだ。


Agile


[VOON] Agile


さて、御大光臨のあとは、いつもの発音。

今日は開く音のa, alの音。

aは以外と簡単だった(とわしがおもってるだけかも)開く音の方が練習しだいでやりやすいかもしれない。



Stop Box lot watch




a Before


[VOON] aBefore


問題は、お手本に比べて、音が前にあるので、喉の奥から発声する必要があること。そして、もう一つ大きな問題に気がついた。子音に比べて母音が大きい。日本語は、子音より母音が大きいけど、英語は子音と母音が同じぐらい。だから、どうしても母音が大きくなりがち。


こういうときは、UDA式30音トレーニングによると、ささやきトレーニングといって、母音をささやいてから、普通の音量でやるという方法。どうしても日本人は母音を大きくしがち。そんなで修正してみた。


a After


[VOON] aAfter


うんうん。こっちの方がそれっぽいね。


今日はさっさと納得したので、次の音。al


al Before

almond palm father


[VOON] alBefore


やっぱり、何も考えずにやると、母音が強い。ささやきで。

al After

[VOON] alAfter


英英辞書の発音を参考にやってみた。こっちのほうがっぽいなぁ。母音の響きの練習は共鳴音、喉の奥でならす事、ささやきトレーニングで母音をちいさくすることに限る。それ以外には自分の喉の問題で、「喉」「腹」井の上部分を固めない事。昨日はupの練習で相当喉が堅くなっていた。普段の歌のときに堅くなる時とパターンが違った。(首の筋肉を固めていた)喉がつまったら、軽く出す事の他に、腹、首、喉ともかく上半身に声を出し始める時は一切力はいらん感じになっているかを確認した方がいいかも。あと、黒人系のダンスもリラックスに貢献するかもというのが今日の気づき。


ちなみに、発音記号の画像を生成するサイトがあった。便利やなぁ。


発音記号エディタ


英語を学ぼう - 英文テキスト・発音記号変換


ところで母音はこれだけある。道は遠いなぁ、、、土日に沢山やるかなぁ。


追記

先日のIn that case you shouldn't beat his dog.をささやきトレーニングしてみた。

in that case you shouldn't beat his dog
ɪˈn ðæˈt keɪˈs ju:ˈ ʃʊˈdənt bi:ˈt həz dɔ:ˈg

Before

[VOON] InThatAfter

ささやき

[VOON] InThatCaseSsasayaki

After

[VOON] InThatSasayakiAfter

うん。やっぱ、ささやき後の方がバランスがいいね。



Done

ae ant
vの逆さ hut
a Box
a: Almond

Undone

a:r farm
e:r ?
eの逆さ of
er
i sit
i: ?
u book
u: look?
e
C:の逆 All
C:r Order
ai ?
aier ?
au ?
auer ?
ei ?
Ci ?
ou ?
ju:?
ier ?
uer ?
ear ?

てなわけで、まだまだやけどがんばるよAgile2011への道。